選挙ウォッチャーTV 東久留米市長選2017

まさにサンタクロースが全国の子供たちにプレゼントを届けているクリスマスイブの夜に、東京都東久留米市長を決めるための選挙が行われました。野党共闘の形で立候補しているのは、社民党所属の桜木善生さん。もはや生きているのかどうかも分からないほどの瀕死状態にある「社民党」ですが、実は、八王子市の佐藤あずさ市議をはじめ、西東京エリアでは社民党の議員たちが奮闘しています。社民党が立ち上がる選挙は全国的にも非常に珍しいため、東久留米市長選を追いかけることにしました。


2017年東久留米市長選挙 立候補者と当選者


《立候補者》
■ 並木 克美 48 自民・公明推薦
■ 桜木 善生 67 社民・共産・自由推薦

《結果》
〇 並木 克美 48 自民・公明推薦
× 桜木 善生 67 社民・共産・自由推薦

僕は12月12日に行われた公開討論会の報道席に座らせていただき、候補者の写真を撮らせていただくことができました。参加した感想は、現職の並木克巳市長も、新人の桜木善生さんも、どちらも素晴らしいということです。並木克巳さんは自民・公明推薦になっていますが、だからと言って、めちゃくちゃなクソ野郎というわけではありませんでした。僕は「選挙ウォッチャー」として全国を巡り、数々の臭いジジィたちを見ていますが、少なくとも並木克巳さんからは腐敗臭を感じませんでした。引っかかる点はあるけれど。

社民党が負ける原因は選挙戦略が古いから


今回の選挙は、絶滅危惧種になっている社民党の候補者が立候補している珍しい選挙と言えます。なので、選挙の結果よりも「社民党がどんな戦いをするのか」が選挙ウォッチのポイントとなります。今となっては古き良き昭和の遺産になりつつある社民党ですが、選挙戦略もまた古き良き昭和の遺産のような雰囲気でした。 今回、社民党がどんな選挙戦略で戦うのかを興味深く見守りました。結論から申し上げると、社民党の皆さんは、何一つ選挙サイエンスが取り入れられていない「クソ選挙」を展開していたと言えます。厳しい言い方をしていますが、30年前から何も変わっていない昭和の選挙を展開しており、こんな戦い方をしているから社民党が弱小政党に成り下がってしまうのだと訴えたいと思います。誤解のないように言いますが、僕は掲げている政策は、現職の並木さんより桜木さんの方が素晴らしいと思いました。僕に選挙権があったら桜木さんに投票していると思いますし、頑張ってほしいと思っていましたが、選挙戦略は古すぎます。選挙戦略がしっかりしていれば逆転の目があったと分析しますが、まったく勝てないのは選挙戦略が間違えているからだと言っておきましょう。 社民党の桜木善生さんの陣営がやっていたことは「批判」です。現職の並木さんに冒頭からダメ出しをして、ゴミ袋の値段や公立保育園の話をして「子供に冷たい」とか言っているわけです。主張したいことはよくわかります。ゴミ袋の値段が高いことは生活に直結する問題ですし、待機児童が全国的な問題になっている中で公立保育園を全廃するのは見直すべきかもしれません。しかし、これは選挙戦略という観点では「最悪」なのです。社民党が現職に対するダメ出しをしている中、自民・公明推薦の並木克巳さんの陣営が何をしているのかを見てみましょう。 並木克巳さんが第一に訴えていることは、まさかの「LOVE東久留米」。語っているのは「政策」ではなく「愛」なのです。これこそ本来、社民党の方々がやらなければならないことではないでしょうか。約7割の市民が「選挙に行かない」という選択をする日本という国の地方自治体の首長選で、政治的なメッセージはあまり効果を発揮しません。日頃から「政治の話はタブー」という価値観の中で生活し、しっかりと政策を読み込む人なんて全体の1割にも満たないので、語るべきは「政策」ではなく「愛」なのです。この傾向は、昨今のネトウヨが「反日か反日じゃないか」を基準に物事を語っている様子を見ても分かると思います。まずは批判をする前に「愛」を示すことで、ようやく批判する権利が与えられる。こんな面倒臭いステップを踏まなければならないのは「日本式」と言えますが、そういう文化になってしまっているのだから仕方がありません。まずはポジティブなことを語って主張を聞いてもらう準備を整えてから語るべきなのです。 桜木善生さんの陣営は、頭ごなしに批判的な話をしているように見えるせいで、有権者の心に主張が届かなかったと言えます。どれだけ立派な政策を持ち、どれだけ人格的に素晴らしかったとしても、選挙に勝てなければ意味がありません。推している候補者がなかなか勝てないという皆さんは、さまざまな選挙を見るところから始めるべきでしょう。少し宣伝っぽくなってしまいますが、日本全国の選挙を片っ端から現場で見ている僕のレポートには、そのノウハウが詰まっています。たかだか数百円という金額で公開しているものになりますので、金額以上の情報は得られると思います。


 
そんな東久留米市長選のレポートを
130円で販売中!
 
ウォッチング経歴に戻る